What's new.

 このページでは、大きな話題を中心に新しいお話を紹介しています。 従って、頻繁に更新される「高原日記」については、特別なもの意外は紹介されていません。 なお、各項目の先頭にある丸印が青色のもの は、クリックすると、そのページに飛んで行きます。

          ************************************************


    ● 06月の高原日記帳を開頁。(06/01)

    ● 05月の高原日記帳を開頁。(05/02)

    ● 04月の高原日記帳を開頁。(04/02)

    ● 03月の高原日記帳を開頁。(03/04)

    ● 02月の高原日記帳を開頁。(02/15

    ● 01月の高原日記帳を開頁。(01/01) 

  2017 年


    ● 12月の高原日記帳を開頁。(10/06)

    ● 11月の高原日記帳を開頁。(10/04)

    ● 10月の高原日記帳を開頁。(10/01)

    ● 09月の高原日記帳を開頁。(09/01)

    ● 08月の高原日記帳を開頁。(08/01)

    ● アクセス・カウンターが 160,000 に達しました。(07/07)

    ● 07月の高原日記帳を開頁。(07/01)

    ● 06月の高原日記帳を開頁。(06/01)

    ● 05月の高原日記帳を開頁。(05/02)

    ● 04月の高原日記帳を開頁。(04/02)

    ● 03月の高原日記帳を開頁。(03/04)

    ● 02月の高原日記帳を開頁。(02/15

    ● 01月の高原日記帳を開頁。(01/01) 

  2016 年


    ● 12月の高原日記帳を開頁。(10/06)

    ● 11月の高原日記帳を開頁。(10/04)

    ● 10月の高原日記帳を開頁。(10/01)

    ● 09月の高原日記帳を開頁。(09/01)

    ● 08月の高原日記帳を開頁。(08/01)

    ● 07月の高原日記帳を開頁。(07/01)

    ● 06月の高原日記帳を開頁。(06/01)

    ● 05月の高原日記帳を開頁。(05/02)

    ● アクセス・カウンターが 150,000 に達しまし。(04/26)

    ● 04月の高原日記帳を開頁。(04/02)

    ● 03月の高原日記帳を開頁。(03/04)

    ● 02月の高原日記帳を開頁。(02/15

    ● 01月の高原日記帳を開頁。(01/01) 

  2015 年


    ● 12月の高原日記帳を開頁。(10/06)

    ● 11月の高原日記帳を開頁。(10/04)

    ● 10月の高原日記帳を開頁。(10/01)

    ● 09月の高原日記帳を開頁。(09/01)

    ● 08月の高原日記帳を開頁。(08/01)

    ● 07月の高原日記帳を開頁。(07/01)

    ● 06月の高原日記帳を開頁。(06/01)

    ● 05月の高原日記帳を開頁。(05/01)

    ● 04月の高原日記帳を開頁。(04/01)

    ● アクセス・カウンターが 140,000 に達しました。(03/14)

    ● 3月の高原日記帳を開頁。(未公開)   

    ● 2月の高原日記帳を開頁。(02/01)   

    ● 1月の高原日記帳を開頁。(01/01) 

  2014 年

      

    ● 12月の高原日記帳を開頁。(10/06)

    ● 11月の高原日記帳を開頁。(10/04)

    ● 10月の高原日記帳を開頁。(10/01)

    ● 09月の高原日記帳を開頁。(09/01)

    ● 08月の高原日記帳を開頁。(08/01)

    ● 07月の高原日記帳を開頁。(07/01)

    ● 06月の高原日記帳を開頁。(06/01)

    ● 05月の高原日記帳を開頁。(05/01)

    ● 04月の高原日記帳を開頁。(04/01)

    ● 03月の高原日記帳を開頁。(03/01)

    ● アクセス・カウンターが 130,000 に達しました。(02/21)

    ● 02月の高原日記帳を開頁。(02/02)

    ● 01月の高原日記帳を開頁。(01/01)  

  2013 年

    

    ● 12月の高原日記帳を開頁。(12/03)

    ● 11月の高原日記帳を開頁。(11/01)

    ● 10月の高原日記帳を開頁。(10/01)

    ● 09月の高原日記帳を開頁。(09/01)

    ● 08月の高原日記帳を開頁。(08/06)

    ● 07月の高原日記帳を開頁。(07/02)

    ● 06月の高原日記帳を開頁。(06/01)

    ● 05月の高原日記帳を開頁。(05/01)

    ● 04月の高原日記帳を開頁。(04/01)

    ● 03月の高原日記帳を開頁。(03/04)

    ● 02月の高原日記帳を開頁。(02/15)

    ● 01月の高原日記帳を開頁。(01/01)

    2012 年
    

● 12月の高原日記帳を開頁。(12/03)

● 11月の高原日記帳を開頁。(11/01)

● 10月の高原日記帳を開頁。(10/05)

● 9月の高原日記帳を開頁。(09/04)

● 8月の高原日記帳を開頁。(08/03)

● 7月の高原日記帳を開頁。(07/02)

● 6月の高原日記帳を開頁。(06/04)

 5月の高原日記帳を開頁。(05/01)

 4月の高原日記帳を開頁。(04/02)

 3月の高原日記帳を開頁。(03/05)   

 2月の高原日記帳を開頁。(02/01)   

 1月の高原日記帳を開頁。(01/01) 

  2011 年

 

● 12月の高原日記帳を開頁。(12/02)

● 11月の高原日記帳を開頁。(11/02)

● 10月の高原日記帳を開頁。(10/02)

● 家の中に飛び込んで来たヒガラちゃん。(09/11)

● 蛇の抜け殻だよ〜〜〜ん!(09/03)

● 9月の高原日記帳を開頁。(09/01)

● 8月の高原日記帳を開頁。(08/01)

● 7月の高原日記帳を開頁。(07/01)

● 6月の高原日記帳を開頁。(06/02)

 「ヒュッテ鳥類図鑑 第2集」に「No.11 ウグイス」 を掲載しました。 (05/13)   

● 5月の高原日記帳を開頁。(05/03)

● 4月の高原日記帳を開頁。(04/01)

 「小海町の蝶 第7集」に「No.69 ベニヒカゲ」 を掲載しました。 (03/13)

 「小海町の蝶 第7集」に「No.67 ヤマキチョウ」 を掲載しました。 (03/12)

 「小海町の蝶 第7集」に「No.64 スジグロシロチョウ」 を掲載しました。 (03/12)

 「小海町の蝶 第7集」に「No.63 エゾスジグロシロチョウ」 を掲載しました。 (03/11)

 「小海町の蝶 第7集」に「No.65 モンシロチョウ」 を掲載しました。 (03/11)

 「小海町の蝶 第7集」に「No.66 スミナガシ」 を掲載しました。 (03/10)

 「小海町の蝶 第8集」に「No.76 ベニヒカゲ と クモマベニヒカゲ」 
を掲載しました。 (03/08)

 「小海町の蝶 第9集」に「No.83 ヒメウラナミジャノメ」 を掲載しました。 (03/07)

 「小海町の蝶 第9集」に「No.75 メスアカミドリシジミ」 を掲載しました。 (03/05)    

● 3月の高原日記帳を開頁。(03/02)    

 「小海町の蝶 第9集」に「No.85 メスグロヒョウモン」 を掲載しました。 (03/02)     

 「小海町の蝶 第9集」に「No.81 アゲハ」 を掲載しました。 (02/25)

 「小海町の蝶 第9集」に「No.84 ヒメキマダラセセリ」 を掲載しました。 (02/23)    

● 『ヨハネ祭の紹介」 を完成。(02/22)   

● 2月の高原日記帳を開頁。(02/03)    

● 「ヨハネ祭の紹介」 を立ち上げました。(01/07)   

 「小海町の蝶 第8集」に「No.71 クロアゲハ」 を掲載しました。 (01/03)

 1月の高原日記帳を開頁。(01/01) 

  2010 年 

     
     

 「小海町の蝶 第8集」に「No.72 シータテハ」 を掲載しました。 (12/18)

 「小海町の蝶 第8集」に「No.80 キタテハ」 を掲載しました。 (12/18)

 「小海町の蝶 第8集」に「No.73 スギタニルリシジミ」 を掲載しました。 (12/17)

 「小海町の蝶 第8集」に「No.74 イチモンジチョウ」 を掲載しました。 (12/17)

 「小海町の蝶 第8集」に「No.78 アサマシジミ」 を掲載しました。 (12/15)

 「小海町の蝶 第8集」に「No.70 ツマキチョウ」 を掲載しました。 (12/14)

 「小海町の蝶 第7集」に「No.68 ウラナミシジミ」 を掲載しました。 (12/13)

 「小海町の蝶 第8集」に「No.85 ツマグロヒョウモン」 を掲載しました。 (12/07)

 「小海町の蝶 第9集」に「No.82 ゼフ竿物語」 を掲載しました。 (12/03) 

● 12月の高原日記帳を開頁。(12/03)

● 11月の高原日記帳を開頁。(11/01)

● 10月の高原日記帳を開頁。(10/05)

● 9月の高原日記帳を開頁。(09/03)

● 8月の高原日記帳を開頁。(08/02)

● 東京で、サイト管理者が時折り出掛ける プロ歌手 三田ひろし さんが経営する
   カラオケ店 「さん花」 の一夕を 7月2日 の 高原日記 に載せました。 (07/09)

● 7月の高原日記帳を開頁。(07/04)

● 「小海町の蝶」 第7集に 「No.61 ゴイシシジミ」 を掲載しました。(06/27)

● 「小海町の蝶」 第8集に 「No.79 アサマイチモンジ」 を掲載しました。(06/26)

● 「小海町の蝶」 第6集に 「No.57 アサギマダラ」 を掲載しました。(06/22)

● 「小海町の蝶」 第6集に 「No.56 ウラギンシジミ」 のを掲載しました。(06/21)

● 「小海町の蝶」のタイトルページを第10集まで整理する。(06/19)

 6月の高原日記帳を開頁。(06/03)

 5月の高原日記帳を開頁。(05/04) 

● 4月19日の小海町議会の選挙で落選する。 それ以前・・・・・・このサイトの管理者 八岳晴耕 が小海町議会議員になったのは、平成17年の選挙が無投票で終わった5月1日のこと。 それ以来、今日の日まで、このサイトを飽く迄もプライベートのサイトとする為に、自分が議員である事に関しては一度も触れた事はありませんでしたが、これからは、過去4年間のあいだ、一期だけの議員であった事を思い出すことがあったら、その思い出を、議員としてではなく一般人として、ここに紹介したいと思います。   

  2009 年  
       
       

 「小海町の蝶」の第6巻に新しくクモガタヒョウモンをアップしました。(11/10)

● トップページの写真をキノコの写真に更新。 (10/14)

● CONTENTS 内に 『ヒュッテのゴミ処理大作戦』 のページ開設。 (10/10)

 リンク集に、英語学校時代のクラスメートの足立章子さんの「英単語ほのぼのエピソード記憶術」のサイトへのリンクを追加しました。 (10/06)

● アクセス・カウンターが 100,000 件を越しました!! サイト開設いらい 10年半目でした。(1/21)

↑ 2008 年
             
            

 7月31日、世界最初のハイブリッド列車が、小海線に導入されました。(08/02 掲載)

 このページを開いたのは、本当に半年振りくらいだろうか?
   2007 年にはいってから、まだ、何も記入していないのを見ても、如何に手を抜いてきたかが分かろうというもの・・・・・・!
 ・・・・・・でも、ここに来て、漸く時間が取れ始め、やっとのことで、6月23日の夏至祭の記事を、高原日記と夏至祭のページに平行して記入ができました。
 でも、この他にも、まだ、6月9日の「山開き」、6月27日の「松原湖高原温泉 “八峰(ヤッホー)の湯” のグランド・オープンのアップロードが、又、小海町の蝶シリーズ のアップロードも大幅におくれています。 ・・・・・・その他にも、サイトのあちこちが 穴ボコだらけ!!
 マア、今更ジタバタしてもしょーがねェか・・・・・・?!
 まあ、時間が見付かった時にでも、少しづつ少しづつやっていく事にしましょう・・・・・・
 それこそ、僕の大好きな “ Poco a poco” spirit っていうものでありんす・・・・・・・・!! (07/04)

↑ 2007 年

     

● 毎日のように、いろいろな事に追われて、「高原日記」の更新すら、思うように捗らなかった、ここ2〜3ヶ月であるが、昨日、12月のクソ忙しいスケジュールが終わってから、やっと、過去にさかのぼって、更新をし始めたところである。
 お蔭様で、12月の日記も、少しづつではあるけれど・・・・日記らしい態を為し始めたのが・・・・・・とにかく、嬉しいのひとこである。(12/21)

● 私達の高原の町で開かれている、フィンランド夏至祭の紹介ページです。(09/06)

 CONTENTS 内に「山開き」 の新しい項目を設けて、新しいページを開きました。(09/05)

 散文詩集「白樺色の風」に 「No. 104 真夜中台風の翌朝」 を掲載しました。 (09/04)

● サイトの引越しがやっと終わりました・・・・・・
   フウゥ〜〜〜ッ・・・・・・疲っかれたァ〜〜〜〜!!(09/01)

● このサイトの大きさが、今までのプロバイダの最大サイト使用許容量(150M Byte)を超える可能性が出て来た為、サイト使用許容量無制限の新しいプロバイダに引越しをしました。 (08/24)

● CONTENTS > 「八ヶ岳山麓から」 の最上段に、「このサイトの最初の始めに」 のページを追加しました。(07/29)

 CONTENTS > ヒュッテの紹介 > ヒュッテ植物図鑑の第一集を完成しました。是非、ご覧下さい。(6/30)

● リンクページより、八ヶ岳山麓の 「大きな森の小さな家」 のサイトにリンクを張りました。 (1/15)

 「お話ビックリ箱」 第6巻に 「No. 26  モザイクの取れる機械」 (爆笑) を載せました。 (1/12)

↑ 2005 年

    

● 他のページは、殆んど毎日、更新しているのに、今ご覧の、このページを更新するのを忘れてました。(11/25)

 小海町に画期的な流通システム ”Pシール”、”Pマネー”、”Pネット” が導入されました。(10/01)

● 高原日記にて、筆者の大好きなサイクリング・ルートを紹介しています。9月の高原日記をご覧ください。(09/26)

 散文詩集「白樺色の風」に 「No. 96 冷めた朝食 」 を掲載しました。 (09/08)

 散文詩集「白樺色の風」に 「No. 93 冷めた朝食  」 を掲載しました。 (09/07)

● 散文詩集「白樺色の風」に 「No. 87  高原の秋 」 を掲載しました。 (06/07) 

 「小海町の蝶 第5集」に「No.47 カラスアゲハ」、「No.48 アカタテハ」、「No.49 オナガアゲハ」を掲載しました。 (09/07)

● 散文詩集「白樺色の風」に 「No. 87  高原の秋 」 を掲載しました。 (06/07)

● 散文詩集「白樺色の風」に 「No. 29 蝉時雨(せみしぐれ) 」 を掲載しました。 (04/17)

● 散文詩集「白樺色の風」に 「No. 28 アーミーナイフ 」 を掲載しました。 (04/17)

● 散文詩集「白樺色の風」に 「No. 85 六月の深夜 」 を掲載しました。 (02/05)

● 散文詩集「白樺色の風」に 「No. 84  五月の朝」 を掲載しました。 (02/05)

● 「小海町の蝶 第4集」に「No.34 モンキチョウ」を掲載しました。 (03/07)

● 「小海町の蝶 第3集」に「No.22 ルリタテハ」を掲載しました。 (02/28)

● 「小海町の蝶 第3集」に「No.21 ツバメシジミ」を掲載しました。 (02/26)

 「松原湖高原のキノコ」のページを開きました。ヨロシク・・・・ね!(02/11)

 ラジコン・クラブのページを新設しました。宜しければ、是非ご覧下さい。(02/07)

 散文詩集「白樺色の風」に 「No. 83  居間にて」 を掲載しました。 (02/05)

 散文詩集「白樺色の風」に 「No. 82 イライラした詩」 を掲載しました。 (02/04)

↑ 2004 年

     
      
 「奥ちゃまの油絵」の第1集が完成。 第2集の作成にとりかかる。 (12/8)

● 「小海町の蝶」 第2集が完成しました。 (11/17)

 まだまだ未完成ですが、新しく「松原湖高原のキノコ」のページを開きました。(11/12)

 「森の小人のページ」に、「子供たちのプティリッツァ人形作り」のページを追加しました。 (10/15)

● 「小海町の蝶 第2集」に「No.13 ウラゴマダラシジミ」を掲載しました。 (09/10)

● 「小海町の蝶 第2集」に「No.12 コツバメ」を掲載しました。 (09/08)

● 「小海町の蝶 第2集」に「No.11 オオムラサキ」を掲載しました。 (09/05)

● 9 月の日記をつけ始めました。 (09/02)

● 散文詩集「白樺色の風」に最新作 「No. 86 雨に降られた草刈」 を掲載しました。 (08/13)

 新しく 「玖宇:俳句集」 のページを作りました。 (06/07)

 「森の小人」のページに「プティリッツァの世界に、”お金”ってあるの?」の項目を記載しました。 (04/01)

● 八岳晴耕の自己紹介のページを少し手直ししました。 (3/30)

● 落ちこぼれの「集団疎開回想録」のページに、あと追い日記のページを開設 (03/15)

 「お話ビックリ箱」第 4 集に 「No. 17 賢い犬!」を掲載しました。(02/21)

 落ちこぼれの「集団疎開回想録」のページを開設 (02/07)

 CONTENTS > 読みもの のコーナーに 「ワンダフル・バタフライ」 のページを開設。

● 2月5日。 当日の高原日記に散文詩「居間にて」を掲載。

● 1月24日(金)、桃三小の集団疎開の会が持たれた。詳しくは、当日の高原日記を参照願います。

● 「お話ビックリ箱」第 4 集に 「No. 16 ユーモラスなペンギン達」を掲載しました。(01/19)

 トロッコのページを少し充実しました。今後も、このページのデータを集めて参ります。

 2003 年

  
      
● 10 月下旬あたりから、パソコンのフリーズがひどくなり、その対策に当たるだけで精一杯。結局、年末までの間は、高原日記の更新以外は殆ど何もしませんでした。

● ヒュッテに新しいマスコットがやって着ました。10/20 の高原日記をごらん下さい。 (10/20)

● 「君が代」の由来につき新設ページを設ける。 (10/05)

● 「高原の奇人・変人」のページに「有山至」氏を紹介。 (10/03)

● 「高原の美女」のページにニューフェイス 「成松遊ちゃん」が登場しました。 (9/26)

● 新しいページ「奥ちゃまの油絵」を開きました。 (9/25)

● ヒュッテに素晴らしい天体望遠鏡がお目見えしました。 2002-09-08 の日記をご覧ください。(9/13)

● 2002年9月の日記をつけ始めました。

● トップの写真を、我が家の庭で見付かった油蝉の抜け殻に更新しました・・・・ (8/05)

● 「お話ビックリ箱 第二集」に 「No.15  (浮気)再失格」を載せました。疲れた時にでも、ご覧下さい!! (7/4)

● トップページの写真を、玄関先の青い実のセンリョウの写真に更新しました。(7/29)

● 「馬でも分る”空”のお話」の再校正が第15章まですすみました。あと3章で、全部終わりです。(7/28)

 「小海町の蝶 第一集」に ミスジチョウ の解説を載せました。
   蝶にご興味のある方は、ご覧願下さい。 (7/17)

● 我が家の玄関先のノウゼンカズラがキレイに咲きました。7月9日の高原日記をご覧下さい。(7/9)

 「お話ビックリ箱 第二集」に 「No.14  ああ、恥ずかし!!」を載せました。疲れた時にでも、ご覧下さい!! (7/1)

● 「小海町の蝶 第一集」に イチモンジセセリ の解説を載せました。
   蝶にご興味のある方は、是非、ご覧願います。 (6/30)

● 気が付くと、リスが野鳥のエサを食べに来ていました。 当日の高原日記をご覧下さい。 (6/22)

● 6月22日。フィンランド・ヴィレッジでフィンランドの夏至祭が楽しく祝われました。 写真もたくさん入っています。 6/22 の高原日記をご覧下さい。

● トップの写真を、筆者の大学(東京商船大学航海科)時代のクラス仲間の飲み会の写真に更新しました。友達ってホントに素敵です(6/6)

 散文詩集「白樺色の風」に、”No.77 アンズ獲(と)り」をアップロードしました (6/6)

● 2002年5月の高原日記を書き始めました。(5/07)

 「お話ビックリ箱」に第14話 「メール受信不能!!」を掲載しました (4/24)

 「松原湖高原」に、「野鳥」のページを新設しました (4/11)

 暫くの間、お休みしていた「松原湖高原」のページを整理して、アップロードし直しました (4/10)

● トップの写真を、我が家の家族の一員になっているクンシランの花に更新しました。
   この写真は、今日(3/29)の高原日記にも掲載されています。

● トップの写真を、桜が満開の新青梅街道の写真に更新しました。(3/21)

● 高原日記(3月14日)にて、あの有名にマンガ「ギャートルズ」の単行本が発売になった事を紹介しています(3/18)

● 庭のアンズが文字通り満開になりました。 
   3月12日の高原日記 をご覧願います。 (3/12)

● 我が家の庭の木瓜が8分通り満開になりました。 3月4日の高原日記
   をご覧願います。 (3/4)

● 石原都知事も、僕が大好きな藤崎詩織に興味を持ったみたい!!
   ・・・・・・・・2月28日の高原日記をご覧ねがいます。 (3/4)

● 2002 年 2 月の日記を書き終わり、3 月の日記を書き始めました。 (3/3)

● 高原日記 (2/21) に、ハト時計の分銅がずっと下までさがった写真を載せました。

● 高原日記 (2/16) に、我が家の一員のハト時計の写真を載せました

● 都会の片隅より・・・・・筆者の好きな散歩道の写真を2/12 の高原日記に載せました。 (2/12)

● ワカサギ2002のデータを2月10日まで、更新しました。(2/11)

● 2/3 にワカサギ釣大会が開かれました。結果はワカサギ2002のページをご覧下さい。(2/4)

● 今年最初に羽化したギフチョウを戴きました。その美しい写真を2月2日の高原日記にのせました。(2/3)

● 2月の高原日記日記をつけ始めました。 (2/02)

● 一昨日の大雪で、ワカサギ釣が出来なくなりました。詳しくは、ワカサギ2002のページをご覧下さい。(1/28)

● 昨日、川公園を散歩していたときに見つけた可愛らしい木瓜(ぼけ)の花をトップページに掲載しました。 ・・・・・・もう春ですね・・・・・・・(1/26)

● 1月中旬以降のワカサギの、最多吊り上げ記録が 297匹に塗り替えられました。 釣ったのは何処の誰でしょう? ワカサギ2002のページをご覧下さい (1/23)

 「ガラクタ水彩画集」に、”ヒュッテ全景” と ”八那池の火の見櫓” をアップしました。
   少し、古い画ですが、お暇の折にでも、ご覧下さい。(1/22)

● トップページの写真を、銀座の街角で配られていたナノハナの写真に更新しました(1/21)
関連事項は 高原日記(1月20日)をご覧願います。

● 今年も、ワカサギの釣果一覧をアップし始めました。
   データは小海から取り寄せて、東京でアップしますので、スムースに行くかどうかがチョット心配です。(1/17)

● ご覧の通りに、ホームページに 3区画のフレームを採用しました。(1/8)

 4年程前に描いたヤマハンノキの画を、「ガラクタ水彩画集」 の No.3 にアップロードしました。 (2002-01-05)

● 新しい年の高原日記をつけはじめました。 (2002-01-04)

 現在、小海町で開かれている、「森の小人」展を紹介しています。
   ・・・・・・・興味のある方は、ぜひ、文頭の●をクリックなさって下さい。 (2002-01-04)

↑ 2002 年

    

● 今日、12月23日は、2001年のクリスマス礼拝の日でした。
   ・・・・・今日の高原日記には、今日の礼拝と愛餐会のスナップ写真が載っています。・・・・ご覧下さい!!

● ビールス騒動の後のパソコンのリカバリが、やっと終わりました。(12/22)

● トップの写真を、今年初めてお目見えした Mini X'mas Tree の写真に更新しました。(12/16)

● コンピュータ・ビールス騒動は今でも後をひいています。高原日記をご覧下さい。 (12/16)

● ビールス騒動がありました。詳しくは 11/26 以降の高原日記のエンジ色の部分をお読み願います。

● トップに、ヒュッテの雪の朝 (12/4)。 同日午後の東京の自宅のサザンカの写真を、並べてアップしました。(12/05)

● トップページの写真を東京・中野の¥100ショップ「ダイソー」の写真に更新しました。(11/28)

● 2000年の高原日記の画像のチェックが全て終わりましたので、同年の日記を、再度アップロードしました。(11/22)

● トップページに総武線の新型車両と千駄ヶ谷の「将棋会館」の写真を掲載しました。

● 1999年の高原日記の画像のチェックが全て終わりましたので、同年の日記を、再度アップロードしました。(11/20)

● 以前から気になっていた、過去の日記の映像ファイルの見直しが終わり、再度、1999 年 2 月 〜 4 月の高原日記をアップロードしました。 まったく、ヤレヤレです・・・・・・。 (11/18 記)

● 2001-11-15 の日記に、杉並区・五日市街道筋に、今でもわずかに残っている、大きなケヤキ並木の写真を載せました。 ・・・・それと並んで、その当時の思い出もホンの少しばかり書いて置きました。(11/16)

● 11月の高原日記を書き始めました。(11/11)

● トップページにまだあちこちに残っている紅葉の写真をアップしました。

● トップページの写真を、宝物の折り畳み机の写真に変えました。

 「晴耕・ガラクタ水彩画集」に「八那池の火の見櫓」を加えました。 時間のあります時にでも、ご覧下さい!!

 「晴耕・ガラクタ水彩画集」に初期の作品「長湖」 (No.1)を載せました。

● 今 (10/19)、パソコンの前の窓からは、きれいな黄葉が見えています。 (10/19 高原日記)

● 今年の薪割りが、やっと全部終わりました。 ホッ!  (10/16 高原日記)

● 生まれて初めて、自分の手でキノコを採り、食べてみました。(10/13 高原日記)

● ・・・・やっと10月の日記を書き始めました。 (10/14 記) 

 カナダ在住の素敵な女性マリとの英文メールの交換が再開されました。

 散文詩集「白樺色の風」に、「No. 71 9月の朝」をアップロードしました。 (9/30) 

 新しいページ「八岳晴耕:ガラクタ水彩画集」を開きました (9/25)

● 真新しいマウンテンバイクの写真を高原日記に載せました(9/24)

● トップページの写真を今年の初霜の写真に更新しました(9/23)

 散文詩集「白樺色の風」に、「No. 70 晩夏の薪割り」をアップロードしました。 (9/12)

● 2001-09-01 の日記に、トンガリ帽子の小海駅の写真を載せました。ご覧下さい (9/7)

● 2001 年 9 月の日記がスタートしました (9/7)

● 1999 年 1 月の日記の整理が終わり、アップロード致しました (9/7)

● 2000 年バージョンの Ptylitza T シャツは残りが1枚だけになりました。 ⇒ Ptylitza goods のページ (8/28)

 爽やかな高原の陶芸家、上金義明さんを「高原の芸術家」のページで紹介しています。(8/28)


 2001 年