落ちこぼれの 集団疎開回想録

   
このページは・・・・・・
兎に角、勉強の出来ない事で有名だった筆者が
昭和19年8月19日より1年3ヶ月にわたり、
 長野県上伊那郡東箕輪村の普済寺で過ごした
学童疎開児の生活を
回想し得る範囲に於いて、記録したものです。

     
 

昭和18年、東京都中野区立桃園第三国民学校2年1組全員の写真
この写真撮影の後、暫くしてから縁故疎開が始まり
 クラスメート達は少しづつ地方へと分散して行きました。
当時は、学年が上がっても組替え等は全くなかった為
この写真が全員が揃った最後の写真となりました。
担任の先生は柳沢加九治先生でした。

           

・・・・と申しましても、その当時の時代背景は
 現在(平成15年)の社会事情とは全く異なっているために、
往時の生活がどんなものであったかを、
読者の皆様方に少しでもご理解頂くため
 集団疎開期間をはさむ前後数年づつの生活をも
この回想録の中に含ませて戴く事に致しました。

ただし、このページを書いておりますのは
「落ちこぼれ」的にどうしようもなかった筆者の事・・・・・・
いつ、なん時、どんな失敗をするかも分かりません。
その意味からも・・・・・・
この回想録の中に、もし何等かの間違いを、
お見付けになられた方がいらしたら
その旨を筆者宛てにご連絡頂ければ・・・・・・と存じます。

それでは、これから、このページをお読み頂くことに致しましょう!!
         
 


記 (ここをクリックして下さい!!)暫くお休みします!


      
はじめに

第1章   チュートコート

第2章   ラオ屋   

第3章   お立場の坂

第4章   ヨシローさん

第5章   供出

第6章   初めての給食   

第7章   縁故疎開 

第8章   集団疎開 

第9章   普済寺

第10章  般若心経 

第11章  学校    

第12章  版木    

第13章  風呂当番 

第14章  食料事情 

第15章  オッサマ   

第16章  シマヘビ騒動

第17章  シジュウカラ騒動       

第18章  ナムカラタンノトラヤーヤー

第19章  クマゼミ   

第20章  スズメバチ騒動

第21章  飯田線   

第22章  ハバサンカクヨシ

第23章  薪運び   

第24章  チコンキ   

第25章  面会    

第26章  キノコ採り  

第27章  終戦    

第28章  帰省

第29章  焼け野原

第30章  電気機関車

第31章  初めての勉強

第32章  夏休み

第33章  オッサマとの別れ

あとがき