ラジコンクラブ

    

 

星型 5 気筒のエンジンを搭載した翼長 3.5m の零戦

   
筆者八岳晴耕(やたけせいこう)は・・・・・・
松原湖高原にある小海町が大好きである。
・・・・・・その理由の一つに、この山間の小さな町の人口は
わずかに 6,000人そこそこだと言うのに、
この過疎の町には素敵なラジコン・ファンが沢山住んでいるからである。

飛行機、グライダー、自動車、船、ヨット等々・・・・・・・

皆さんの作品の中には、本当に素晴らしいものが沢山あり
各自、自分の作品を大切にしていますが・・・・・・
それ以上に、私が素晴らしいと思うのは
皆さん方がレースに興じ、操作技術を互いに披露し合っている事なのです。

   
   
     
どの作品も本当に実にキレイに出来ています
 ここには紹介されていませんが、
中には翼長 4.5m の 4 発の爆撃機もあるんです
全く・・・・・・スッゴーイ!!・・・・・・です

    
厳冬期の2月には、全面凍結した松原湖の上で氷上カーレースが開かれ、
ゴールデンウイーク明けの湖面ではヨットレースが開かれます。
・・・・・・そして、これらのレースには、近県、東京、大阪はもとより、
中には鹿児島から参加したレーサーもあった程なのです。

    
 

1周 200m の氷上カーレースのコースが
 半分ほど出来上がりました・・・

      

・・・・・・更に、霜も上がり地面が固まると・・・・・・
土曜・日曜ともなると、湖畔からさほど離れていないサッカーグラウンドで
早朝から数々のラジコンプレーンの曲芸飛行が披露され、
隣村の八千穂レークでは
単発・双発の水上機が離着水を繰り返すようになるのです。
 

  

離水した瞬間の Sea plane・・・・・・             着水後操縦者の所にもどる同機


このページは・・・・・・
そういったラジコン・ファンが参加するレースや、
ご自慢の作品を紹介するページです。 

     
  

そよ風に吹かれて松原湖上を快走する筆者製作の Ptylitza 号

  
・・・・・・ただし、このページは、
つい最近・・・・・それも、2004年の 2月に入ってから立ち上げたページですので、
まだまだ、写真その他のデータがヒドク不足しています。
その為、色々と不行き届きの所はあると思いますが
どうぞお許し願います!!

・・・・・・出来れば・・・・・・乞うご期待!!
今年中には、沢山の写真データを集め、一層の充実を図りたいと思います。

話は変わりますが・・・・・・

レースにご興味のある方は参加されてみては如何でしょう??

    

レース前夜、最終調整中の 2艇
     

明日のレースに備えて帆を休める 4艇の地元艇
・・・・・明日の参加艇は 15艇くらいだろうか?

     

では、又、時々覗いてみて下さい・・・・・・ネ?