手 紙

(2000-03-22 の日記より)

  

   

歯医者さんで受付を済ませたら

ナースのあい子ちゃまが・・・・

「きのうは、どうも有り難う」と言ったあと

「はい・・・!!」と言って、僕に手紙を渡して呉れました。

   

  

・・・・きのうの事って、何かって言うと

10 日ほど前、僕のホームページの高原日記に

あい子ちゃまの事を書いたけど・・・・(*)

そのページを印字したものを、彼女の家の郵便受けに入れて来た事なんです。

   

    
  
シックな和封筒に入った美しい筆跡の彼女からの手紙

・・・・どうしても、中が見たくなったので

もう一度、受付に行き、小さな声で

「今、ここで読んでいい?」と聞いてみた。

   

   
  

瞬間、言葉少なに・・・・・・・、

「いいわよ・・・・どうぞ・・・・」と・・・・

少し恥ずかしそうに、少女のように言ったあい子ちゃま

僕は、彼女の、この爽やかさが大好きである。

   

   
  

・・・・そのあと、きょう一日、この美しい筆跡の手紙を

少しでも時間があると、何回も読み直した僕。

歯医者さんの待合室でも・・・・

・・・・買物に出掛けたラーチの隣りのアルペンローズでも・・・・

   

   
  

町からの帰り道・・・・・

いつものように、夕方の高原野菜の畑の中で

アイスクリームを食べたあと・・・・

八ヶ岳を眺めながら、この手紙を、もう一回読んじゃったよ。

   

   
  

文中、「これ・・さだまさしさんの大好きな曲。私って最高のロマンチストかな?」

・・・・この個所を読むたびに、僕を爆笑させる彼女の無邪気な素直さ・・・・!!

そう・・・・手紙の中の、爽やかさが忘れられなくて

深夜の、たった今・・・・この行を書きながら、もう一回読んじゃったよ・・・・

   

   

  

匂やかな少女らしさが、沢山残っているあい子ちゃま・・・・

こんな女性がいたらなあ!・・・と、永いこと思い続けて来たような彼女・・・・

!!・・・・困っちゃったな・・・・!!

彼女が大好きになっちゃったら、オレ、どうしよう・・・?


    

     

(*)
日記の内容については、高原日記2000年03月08日03月22日をご参照願います。

   

   

 フロント・ページに戻る