( 1999-04-16 )

   
夕方。

高原美術館まで散歩に出掛けた。

アルタイル通りの遠くの坂を上(のぼ)りきり

いつもの様に、遥か彼方を見上げると

落葉松と白樺林の向こうに

淡く水色に澄んだ空が見えた。

・・・・・フンワリと浮かぶ

遠い思い出のようなサフラン色の雲。

と、・・・・その雲の下を一羽の燕が

大きな弧を画いて飛び去った。

   

   

     燕の姿の愛らしく、そして何と無邪気だった事か・・・・!

     僕がまだ国民学校の一年生の頃、

     戦時色の強かった校庭で

     大空に憧れて、両腕を展げ(ひろげ)

     「ブーン」と言いながら

     戦闘機になった積りで

     校庭を駆けずり廻っていた

     あの頃の気持ちで

     その燕が美しい空の下を

     飛んでいる様な気がした。

   

   

その燕の画いた弧の美しかったこと!!

「 Golondrina !!」 ( 註、スペイン語で「燕」の意)

・・・・誰も居ないアルタイル通りで

思いきり大きな声で叫ぶと

僕は、大好きなスペイン語の歌を

空に向かって大声で歌いだした・・・・。

燕よ!!

お前は何処に行くの・・・・?

そんなに美しく

・・・・そして、そんなに喜々として・・・・!!

   

   

     美しい歌。

     美しい詩。

     僕はスペイン語の歌の中で

     この歌が一番好きである。

   

   

   

 フロントページに戻る