ヒュッテ植物図鑑

    

    

     

ヒュッテの庭を眺めると、兎に角、もうタクサンの植物が生えています。
ボンヤリと眺めていれば、それはそれでいいのですが
いつも余計な事に興味を持ち
「あれ、面白い葉っぱだなア・・・・・・これ、何て言う草だろう?」
と思いつつも、ズボラを決め込んで図鑑を開かず仕舞いだったり・・・・・・

またある時は、わが家の前の道端に生えていた花の美しさにビックリして、
「ヘエ、綺麗な花だなあ・・・・・・」
と思いつつ、
「信州の野草」という分厚い図鑑をアッチコッチめくったが、とうとう見付からず
あげくの果てに、植物好きの女性の掲示板に、写真を載せ
         

美しいスイセンノウの花・・・・・・
正式な和名が分かる迄、筆者はこの花に
ピンクレッドという綽名(あだな)をつけていました。
でも・・・・・・
ピンクレッドという綽名もナカナカいかすでしょう??


「コレ、何んていう花だか教えて下さい」
と、カキコをしたら、数日してから
「これは、スイセンノウ・・・・・・という花です」
という Res があった事もありあました。
その時は・・・・・・
「へ〜〜〜、ソ〜ナンダア!?」
と、思って、もう一度、その野草図鑑を覗いてみたが、その花はやはり何処にも見当たらない!
「ハテ・・・・・・?」
と、考えているうちに、フト或る事に思い付いて、僕はこう叫んだ・・・・・・
「分ァった、分ァった! ・・・・このスイセンノウは、野草じゃななくて、家庭の栽培種なんだ・・・・!!」
(だから、「信州の野草」の図鑑に、この花が載っている訳がない!)という訳である。
アハハハハ・・・・・・これで、筆者の追及は終わりである。
その方が、分かり易い上に、第一、面倒臭くなくてイイ!!!!


そんな、ある日の事・・・・・・
筆者は庭先のハンノキの切り株の根元に生えていたキノコの株を見つけた。

   

「わが家の庭」産のクリタケ
・・・・・蹴っ飛ばしたのは、この株ではありません。
このクリタケはお味噌汁にして食べちゃいました!

  
とは言っても
町のお店屋さんで売っているキノコ以外は、全て毒キノコだと思っていた筆者は
このキノコの株を見つけるなり
「エ〜〜〜イ、この毒キノコめ〜〜〜!」
と、足でバラバラに蹴っ飛ばし
「ア〜〜〜、セイセイしたァ〜〜〜!!」
と、喜んでいたら・・・・・・
丁度、そこを通り掛った地元の顔見知りのオジイサンが
「何してるだい、そんなに大きな声サ出して・・・・・・」
と、庭の中に入ってきて、
筆者に蹴っ飛ばされたキノコを、ひと目みるなり
「アレ〜、勿体無えなア!・・・・こないに立派なクリタケの株を・・・・・!」
 と、言ったのに驚いて
「へえ、このキノコ食べられるだかい???」
と、地元の言葉で聞き返すと
「知らねえだかい、これはクリタケっちゅうて、味噌汁にしたらウメエだよ・・・・・・!」
 と、哀しそうに言ったのが切っ掛けになり
このぺーじを開く事にした次第である。

・・・・・・と、言ったところで、例によって例の如くのグウタラな筆者のこと
調子のイイ時は、サッサと種の同定などを済ませてしまうが
虫の居所、腹の空き具合、将棋の負けっぷりが悪かったりすると
種名や属名や科名はおろか、植物界と動物界を間違える事さえあるやも知れず
聊か自信のない限りである。

そこで、読者の皆様にお願いです・・・・・・!!

この「ヒュッテの植物図鑑」の同定などに間違えを見つけられた方は
是非共、このサイトのBBS(掲示板)にて
ご教授頂けましたら、幸いと存じます。
        


          
 第一集

No. 1  レンゲツツジ

No. 2  フキノトウ

No. 3  タンポポ

No. 4  ヒメシャジン

No. 5  エンレイソウ

 第二集

No. 6  スカンポ

No. 7  ブッドレア

No. 8  ハナイカダ

No. 9  シャクナゲ

No. 10  ズミ