ヒュッテの外観
      

    

筆者はヒュッテが大好きです。
透きとおった青い空、
初夏の午前中、家の中を吹き抜ける白樺色の風・・・・・・
秋になると、ヤマハンノキの切り株の根元に生える
リコボウ(キノコ)の大きな株。
そして、夜空を飾る真冬の星座たち!
本当に・・・・・・この小さな山小屋の何から何までが
筆者にとっては宝物ばかりです。

この大好きなヒュッテ・・・・・・
そのヒュッテがどんな形をしているのかを
皆様にご紹介いたしましょう。

        

・・・・・・まず最初に・・・・・・

これは、ヒュッテの西側の隣家の山の上から眺めたところです。
季節は7月頃でしょうか・・・
中央下部の表札と右下下部の区画番号の間が
扉はありませんが、一応、ゲートという事になっています

      

ヒュッテの北側の・・・・・・カラマツの林越に見たヒュッテ。
手前の素板貼りの小屋は薪小屋で
2年間の薪が貯蔵出来ます。

   

東側の斜面から見上げたヒュッテ
こうやって見上げると
結構な斜面である事が分かります・・・・・・
秋になると、この斜面に結構キノコが生えて来るんでアリンス!

     

南東側から眺めたヒュッテ・・・・・・
こうやって見ると、如何にも小っちゃな家である事が分かります。

     

  南側から撮ったヒュッテの写真。
午前8時か9時頃の写真でしょうか・・・・・・?
とても静かな朝のひと時の佇まいです。

        

そして、もう一度角度を変えて・・・・・・
西側から撮った写真が、このゲートの写真で・・・・・・・
これで、ヒュッテの周りをひと回りしたことになります。

どうです?
これで、ヒュッテの外観の概略がお分かり頂けた事と思います。

これで、このページは終わりです・・・・・・
この後は、もっと別のページをご覧くださいネ!!

この他にも、心の宝物が沢山タクサンありますから・・・・・・

       

★ ★ ★ ★ ★