小平さん

( 小海町「高原のパン屋さん」にて )





        

 小海町には、僕の好きな店が何軒かあるが、その中の一軒、「高原のパン屋さん」は僕が頻繁に行く店である。
 この店の美味しいバゲットは、毎朝の食卓に欠かせないものだし、ボランティアの仕事が無い日に、この店の食卓で食べるポテトチーズ、コロッケパン、午後の紅茶・・・・等々の昼食は、のんびりした休日の楽しみの一つでもある。

 そんな日々の折々、この店で、僕を迎えて呉れる笑顔の可愛らしい女性達の一人が、この小平さんである。
 この店の女性達は、みな笑顔が素敵である・・・・その笑顔に会うと、僕はついつい言わなくてもいいような余計な事までも言ってしまいたくなる。
 この日もそうだった。
 お昼御飯のパンを選んでレジに行くと、客の気配に気が付いた小平さんが中から出てきて、客が僕だと気が付くと
 「あら、いらっしゃい・・・・今日は!」
 と言って、笑顔で迎えて呉れた。
 ・・・・その明るさが素敵だったので
 「やあ、今日は!」
 と挨拶をしたあと
 「貴女って、色々な人からデートに誘われない?」
 と訊いたら、彼女ったら何んと言ったと思います。
・・・・いたずらっぽい目付きで、僕の目を見ると
 「いる、いる、物凄いの・・・・! 大変で困っちゃう・・・・」
 と言ったかと思うと、急に
 「・・・・そんな事ある訳ないでしょっ!」
 と言って・・・・ハハハハハと笑った。
 ・・・・その笑い方が屈託なく明るい。

 そこで、ふと話題を変えて
 「じゃあ・・・・彼(ご主人)の事を大切にしてますか?」
 と言うと
 「え?・・・・はい・・・・」
 と素直な返事が返って来た。
 ・・・・そこで、すかさず
 「いいなあ! 羨ましいよ・・・・!」
 と言ったら
 「八岳さんだって、そうでしょ!」
 と見事に逆襲されて仕舞った。

 話してみると、兎に角、素直で楽しい彼女である。

                      (2000-02-03)

    

     
 フロントページに戻る